So-net無料ブログ作成

韓国 ダイソンの公式サイトの説明からも、布団掃除機 レイコップには疑問を感じられ、セミナーでの比較でも明らか [韓国関連なニュース]

最近、テレビなどのCMで、よく見掛けるのが、『布団掃除機 レイコップ』。これは、韓国人医師が考案した、韓国製品ということはあまり知られていない。韓国では、データを偽装し、実際よりも耐久性が低い部品が、原発に使われ、大きな問題となるなど、売れればいいという意識が強いだけに、信用できないところもあり、レイコップに対しても性能的な疑問を感じていた。

もしかすると、セウォル号の沈没事故が、さらに、韓国製品への悪いイメージにつながっているかもしれない。許容量を無視した過積載、利権が絡んだことによる捜索活動の遅れなど、人の生き死にが関係する緊急時でさえ、他人事のような対応の悪さが目立つ。国の対応であの悪さだと、民間企業も大丈夫かということになる。

現在、掃除機と言えば、吸引力が自慢のダイソンが、ハンディクリーナー モーターヘッド DC61を発売し、値段も上位機種では、レイコップとも、それほど差がないことからも、レイコップとモーターヘッドが、比較されることが多い。

ダイソンの公式サイトでは、レイコップを意識したとみられる解説があり、私が抱いていた疑問と合致するところがある。そこには、紫外線、UVライトでは、ダニを死滅させるのは困難で、1カ所に60秒以上照射する必要があること。そして、布団を叩いたところで、ダニを出すことはできず、もし、出たとしても、吸引力が低ければ、布団に留まったままというもの。直接、レイコップと言わないまでも、レイコップの特徴が、ここで否定されていることに代わりはない。

吸引力というのが、掃除機では大きなポイントなのだが、ダイソンは、今年、都内でセミナーを開催しており、そこでは、ダイソンのモータヘッド DC61とレイコップ RS-300を実際に比較しており、ベビーパウダーをマットレスの上にまき、繊維の中にある想定で、中に入れて、それを吸引。

すると、レイコップが、パワーモードで5往復したのに比べ、モーターヘッドは、ノーマルモードで、3往復。それでも、大きな差があり、レイコップ側はパウダーの粉末が繊維からは吸い出せないようで、外見からも粉があるのが分かる状態。それに比べ、モーターヘッドは、やはり、吸引力があり、ノーマルでも、ベビーパウダーをまく前の、本来のマットの色が見えるほどキレイになっていた。これが、強だったら、吸い込むパワーが3倍以上なため、すっかりキレイになっていたかもしれない。

なぜ、このようなデモンストレーションが行われるかを考えると、やはり、レイコップ側は、イメージ的に性能がいいようにアピールしているが、実際は、そうでもないということなのかもしれない。

レイコップが発売された当初は、通販サイトなどでは、紫外線でダニを死滅させるような宣伝文句が多かったが、現在のレイコップの公式サイトでは、『紫外線を照射しつつ吸引することによってダニ・細菌を除菌』とある。

この文章、文面的におかしなところがあり、紫外線の照射と吸引の2つのポイントを、ダニと除菌に当てはめており、本来なら、吸引することでダニ、紫外線で除菌とするのではないだろうか。こんなところからも、良さそうなイメージだけを過剰に与えようとしているとも言えなくはない。

紫外線というのは、殺菌灯として、様々な分野で活用されており、飲食店だと、包丁などの除菌があり、病院などでも、紫外線を1日ほど病室で照射して殺菌することもある。波長が253.7ナノメートルの紫外線で、除菌や殺菌はできるのだが、対象とする細菌により殺菌されるまでの時間が違い。

例えば、人の大腸にいる 大腸菌は、15Wの殺菌灯で、50cm離れた状態で、寒天培地に照射した場合、15秒で殺菌率 97.5%、完全に殺菌させるには、少なくても、1分はかかる。これは、距離が短ければ、効果は高くなる分、殺菌にかかる時間も短くはなるが、問題は他にもある。

寒天培地は、明らかに照射されやすい状態で、これが布となると話が違い、しかも、紫外線の特徴として、透過しにくいため、凹凸があれば不利になる。さらに、大腸菌は、増殖するスピードが速く、1時間で8倍、3時間ほどで1000倍になり、中途半端な殺菌では、元の状態に戻る。

つまり、小さい殺菌灯で、大きなものを殺菌しようとするところに無理があり。殺菌灯を使う際は、大半が、対象を一斉に照射するもので、一部を殺菌しても、そこが、殺菌された状態を長く保てないためで、そこに、殺菌の難しさがある。この殺菌できるというものが、具体的な状況で、どれほど役に立つかは考えた方がいいかもしれない。

ダニに関しても、ダニは湿気と適度な温度を好むため、人が寝ていれば、温度に引き付けられ、表面に出てくるかもしれないが、基本的には、温かさが残り、湿気もある、布団の真ん中に多く存在する。しかも、ダニの手足の表面は、虫のように突起があり、ホコリのように簡単には吸い込めず、その点からも、吸い込む力は、ある程度、必要かもしれない。

昔は、布団を天日干しし、布団叩きで叩くことで、ダニの駆除にもなると思われていたが、最近は、ダニを実際に数えるなどして調べた結果、叩いてもあまり効果がないことが明らかになり、その影響があるか分からないが、干した布団を叩く人も、少なくなっていないだろうか。

ダイソンの場合、日本市場で掃除機を発売するために、徹底してこだわり、技術力を入れ、ここまでの知名度になっており、それに比べると、どうも、イメージばかりが先行して伝えられる印象が強い。

韓国製品に共通している点で、とにかく、オプションを付けることで、良さをアピールしようとする向きがあり、家電のサムスンやLGもそうなのだが。一つ一つを分けて考えた場合、洗練さに欠けるところがあり、それは、国民性もあるのかもしれない。

メインに力を入れず、組み合わせることで良さそうに見せるため、一見、多機能に見えるのだが、基本的な技術力に疑問が残る。そんな気がしてならない。メインの機能、1点に力を注ぎ、どこにも負けないものが多くある日本に比べると、やはり、技術的な違いは感じざるを得ない。

良さそうだと思わせるだけの製品では、結局、それほど役に立っていないとバレてしまうと、信用を失い、今後に続かない。こういう日本的な考えは、恐らく、韓国では受け入れられないに違いない。

  


nice!(238) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 238

ブログを作る(無料) powered by SSブログ  




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。