So-net無料ブログ作成

韓国 米軍慰安婦制度を現大統領の父親が主導、元慰安婦女性 122人が集団訴訟、反日に利用した 従軍慰安婦問題のツケが降りかかる [韓国関連なニュース]

このブログでも、韓国による一方的な日本批判、反日活動で、象徴的な問題として、従軍慰安婦問題があり、これが、どうも怪しいと書いてきた。その理由は、日本が関わる前後の歴史をみても、日本人の感覚では、あり得ない話が多いため。

例えば、日本が韓国を併合した日韓併合の前はどうだったかと考えると、歴史的に奴隷制度、男尊女卑が根深く、特権階級が傍若無人な振る舞いをしており、結婚する際に、子が産める体かを証明するために、近親者により妊娠させる風習があるなど、人に対する尊厳が欠けている。

一方、現在でも、韓国では売春は違法行為とされながら、北朝鮮との国境付近に、韓国の兵隊向けの大規模な風俗街があり、売春行為が公然と行われ、外から勝手に入れないように管理されている。この他にも、表向きは売春行為を違法としながら、韓国の大きな街には、必ず売春宿があり、その規模も大きく、経済規模は1兆円とも言われ、これは、日本とは比較にならない大きさになる。

さらに、海外でも、韓国人向けの売春宿がすでに各地に点在しており、オーストラリアでは、旅行目的で訪れた韓国からの韓国人女性が、現地の韓国人向けの売春宿で働くケースが横行し、これが大きな問題として、取り上げられたほど。米国にも、韓国人が経営する売春宿で、韓国人の旅行者やビジネスマン向けにサービスを行い、地元の人が行くようなものでもない。そこで働く女性は、アルバイト感覚で、韓国から来るケースが多いのも特徴になっている。

ここに、従軍慰安婦問題が、おかしいと感じる部分がある。従軍慰安婦があった頃より、昔にも、女性を低く見る風潮もあり、奴隷を性的暴行する話もあり、そして、現在でも、違法な売春行為が横行し、規模も他に比べケタ違い、恐らく、世界最大規模。

つまり、従軍慰安婦の頃だけ、キレイに何もないと考える方が不自然であり、歴史的な流れとして、おかしいと感じていた。そこで、今回の大きな問題が明らかになり、やはり、従軍慰安婦だけが特別な話ではないことが分かる。

事の発端は、元慰安婦女性らが起こした集団訴訟。この女性達は、米兵向けに売春行為をしていたというものなのだが、これを制度化して管理していたのが韓国政府であり、それを主導したのが、現在の朴槿恵(パク・クネ)大統領の父親、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領という、衝撃的な内容。慰安婦は、ドルを稼ぐ愛国者と賞賛し、民間交流のような位置づけで、それを運営する人物が褒められたとも言われている。

この集団訴訟の前に、野党が、朴正煕 元大統領の決裁署名が入った文書から政府を追及しており、それは、昨年末の話。1960年代から80年代にかけ、約1万人の慰安婦が、62カ所で米兵向けに売春をしており、韓国政府が管理していたというから、組織的なもの。韓国政府が、特定地域を設置し、そこに強制連行した少女、内容を知らずに孤児院などから連れてこられた少女が、売春行為をさせられたというから、なかなか酷い話。

性病に感染すると、モンキーハウスと呼ばれる施設に監禁され、薬物を投与し、性病が治ると再び働かされ、過剰に投与したことで死亡したケースもあり、人権を無視した劣悪な環境だったことも伺える。売春行為を強要されたということもあり、人権侵害として、国際的にも注目を集めそうな話でもある。

現在の朴槿恵 政権は、肝心の経済政策では評価されておらず、目立つところは、反日の日本叩きのみ。ウォン高で景気も振るわず、サムソンの業績低迷が続き、中小企業を置き去りに、大企業優遇の政策が、大きく影を落としている。経済が先行かない不満のはけ口に、反日が利用され、ガス抜きの手段にも見える。

韓国は、歴史教育を国民の思想教育のように利用しており、実際の歴史を歪曲させて教育している向きがあり、そのツケが、回ってきたとも言えそうだ。しかも、慰安婦を制度的に主導したのが、現大統領の父親だったというのも、皮肉な話。


nice!(188) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 188

ブログを作る(無料) powered by SSブログ  




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。