So-net無料ブログ作成

韓国 日本の立場を危うくする慰安婦問題、大人しい日本人でも、気軽に対抗できる手段もあり、すでに実践されているかもしれない [韓国関連なニュース]

韓国が、政治的に従軍慰安婦問題を利用し、国内外で反日活動を展開しているのだが、人権を重視する日本だからこそ、日本軍が主導したという確たる証拠がなくても、不利な状況に追い込まれるという見方がある。

4日、アーミテージ元米国務副長官が指摘しているのだが、日本政府による 河野洋平官房長官談話の検証について、見直しとは全く違うとして、韓国が批判する安倍政権を擁護しつつ、米国内で慰安婦問題を政治問題とした勢力に懸念も示している。

韓国側が、都合のいい歴史認識を振りかざして、日本を陥れようとしているのは間違いなく、その勢力が拡大していることも分かる。これが、経済政策も上手くいかず、公約不履行で批判を浴びる パク・クネ政権にとっては、唯一、目に見える分かりやすい成果が反日であり、ここに強く執着しているのも理解できる。

韓国国内では、大統領選に韓国情報機関が関わった問題が明らかになり、パク氏のライバル候補を国家情報院がネット攻撃した事件などで、野党と激しく対立し、これが、法案が可決されにくい状況を生み出しており、野党からは、暗殺された父 パク・チョンヒ元大統領を例に挙げ、同じようなことが起こるかもしれないとまで言われていた。

パク・クネ大統領の支持率は、韓国ギャラップ社の調査によると、昨年9月の67%をピークに、12月には48%、今年の2月に53%と改善が見られたが、この大きな理由が外交であり、就任当時の51.6%をやや上回っている。

韓国経済は、厳しさを増しており、IMFが、今年1月に、韓国経済の内需の弱さ、中国への依存度の高さから、経済成長の下ぶれリスクを指摘しており、韓国経済に明るい兆しがない。

反日が叫ばれる以前は、経済はこれほど悪くなかったことを考えると、皮肉な話。政権維持には、反日を派手にあおる一方、日本人に対しては、経済的なつながりから、好意的な発言もしているのだが、過剰な反日を展開しつつ、日本人との経済的な結びつきは変わらないとでも、思っていたのだろうか。

韓国を訪れる日本人旅行者は、イ・ミョンバク前大統領が、竹島を上陸して以来、急激に落ち込み始め、この減少傾向は、歯止めが掛からず、減り続けている。その理由に、為替の影響もあるのだが、海外旅行先としては、他の国に比べ、韓国旅行に割安感がまだあり、それでも、旅行者が減少の一途というところに、反日の影響が伺える。

ただ、韓国への旅行者は、周辺諸国に比べると、日本は、まだまだ多く、反日だから、旅行者が減ったというメッセージを韓国側に伝えるほどではないように思う。

2012年に比べ、2013年に韓国を訪れた日本人旅行者は、22.6%減少し、約275万人。これを上回ったのが、中国人旅行者で、2012年に比べ、52.5%増え、433万人となり、韓国を訪れる外国人旅行者で、中国がトップとなった。

中国人旅行者といえば、昨年末に、安倍大統領の靖国神社参拝から、日本への旅行に多くのキャンセルも発生しており、これが、韓国に流れたという見方もできる。中国人旅行者の行動から、行かないことで、反対する意思を表すことにもなり、大きなメッセージとして伝わることが、逆の立場で分かる。

日本では、韓国に関わるものが、意外と多く、旅行以外にも、スマホであれば サムスンがあり、家電ではLG、最近、見かける 布団クリーナー レイコップも韓国企業であることは、意外と知られていない。この関心の低さが、大人しい日本人というレッテルを貼られてしまうことに、つながっているのかもしれない。

レイコップについては、個人的に、効果に疑問があり、そのため、日本の家電メーカーに似たような製品がないのかもしれない。それほど、布団にいるダニは、厄介なもの。

性能をアピールする際、ホコリを吸い取るのは結構なのだが、本来、ダニは、布団の中に多く住み、温度変化で、かなり移動する。つまり、人が寝ていると温度が上がり、ダニも活動が始まる。

そのため、温度が低い状態で、表面を叩いて、吸い込むことで、どれほど効果があるのか気になるところ。さらに、韓国では、数字の改ざんも、よくあるだけに、その点でも、信用し難いことになる。

韓国への中国人旅行者の増加は、中国に擦り寄る外交政策が、功を奏したようにも見え、貿易でも高く依存している。韓国の2013年の輸出総額 5597億ドルのうち、中国が占める割合が26.1%にも上り、過去最高を記録。中国への経済的な依存度が高いのだが、そんな中国にも問題がある。

中国では、大手シャドーバンクの理財商品が、今年、満期を迎えるのだが、その規模が、約70兆円。これは、韓国の国家予算を遥かに超える規模。これが、デフォルト、債務不履行になると、投資家が大パニックに陥る可能性があり、4月末にも、その兆候が現れるという話がある。

シャドーバンクによる理財商品は、非常に高い利回りをうたった資産運用商品で、個人投資などからお金を集め、貸し付けた先が、返済できないにもかかわらず、資金を投入しており、それが、満期になると貸し付けた先の返済が滞っているため、預かった資金を返せないということになる。

まともな銀行では、貸し付ける水準に達していないものに対しても、シャドーバンクは貸し付けでき、それらの理財商品を、中国最大手の銀行 中国工商銀も扱っており、それだけに、取り付け騒ぎが大きくなる可能性が高い。しかも、中国の個人投資家は、デフォルトに不慣れという指摘もあり、危機的な状況も考えられる。

韓国が、依存する中国にも、年内にも何が起こるか分からない、大きな課題を抱えており、頼みの綱でもある中国経済が危うく、安易に、政権維持に使われ、反日マインドコントロールのツケが、周ってきたとも言えなくもない。

良き隣人として、共に経済発展できるのが、理想なのは誰も同じだと思うのだが、日本人が子々孫々まで、あらぬ汚名を着させられようとしているだけに、穏やかな話ではない。

日本人の特徴として、怒りをあらわにするよりも、一度、見切りを付けたら、全く相手にしないところがあり、その点を甘く見ている原因かもしれないが、怒る場合は、まだ回復できる余地があるが、見切りを付けられると二度と戻らないため、ある意味、日本人のこの態度の方が厳しいのかもしれない。


nice!(253) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 253

ブログを作る(無料) powered by SSブログ  




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。